増毛と育毛の違いについて

髪の毛の悩みというのは色んな世代に共通しているものだと思います。特に男性は薄毛の悩みをもった世代は20代などの若い人たちからもある悩みです。
そんな薄毛の悩みの解決方法は色々とあります。色々ある方法の中で増毛や育毛という言葉を最近はよく耳にするようになりました。
実際よく耳にする増毛と育毛ですが、方法自体はまったく異なる方法で薄毛の悩みを解決する方法になります。

 

増毛とは

まず増毛ですが、薄毛といってもまだ残っている髪の毛を利用する方法になります。残っている髪の毛を元に、人工毛を2本から3本を付ける方法になります。元々ある髪の毛を基準に人工的に量を増やす方法になるため、出来上がりは自然になります。またかつらのように途中外れてしまうというような事もありません。ただ、本来ある髪の毛は伸びる為、髪の毛が延びると根元に縛り付けた人工毛も上に浮いてきてしまいます。そのため、一定の期間で増毛したお店に行き、浮き上がった人工毛を根元に下げる事が必要となります。

 

育毛とは

次は育毛の方法ですが、これは言葉のとおり自分自身の髪の毛を育てて薄毛を改善していこうという方法になります。残っている髪の毛をこれ以上抜けない様にする以外に、薄くなってしまった頭皮を清潔にし刺激するなどの事を行い、再び髪の毛をはやして髪の毛の量を回復させようという方法になります。

 

その為、育毛の場合は増毛と違って目に見えて直ぐに効果があるわけではなく、地道に自分の髪の毛を育て増やしていく方法と言えます。
増毛とは人工的な髪の毛を付けて直ぐに薄毛を隠せますが、定期的なメンテナンスが必要であり、育毛とは急な効果というものはありませんが、あくまでも自分自身の髪の毛を育て増やし薄毛を改善させるため長期的に効果を待つ方法と言えます。

 

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】植毛無料カウンセリング
>公式ページを見てみる